日常アイテム

2年間使ったGANZOの長財布。経年変化を観察してみました。

更新日:

革製品を持つ楽しさは、経年変化を楽しむことだと思う。

2年ほど前に購入した、GANZOのシンブライドル長財布。

毎日欠かさず持ち歩き、気がつけばレザーの色が変わったり、傷がたくさんついていたりと経年変化が多くありました。

付いた傷は一緒に過ごした時間の証。ずっと”丁寧”に扱ってきたわけじゃないけど、大事に手入れをしながら使ってきました。

今回いろいろと思うところがあり、財布を同じGANZOのマネークリップに買い換えることに。

せっかくなので新品購入後、2年が経過した財布のエイジング具合についてまとめてみます。

ブライドルレザーのエイジング状態

  GANZO長財布の写真

長財布というアイテムの性質上、基本的にカバンの中に入れて持ち歩いています。

購入当初は傷やへこみがつかないように、購入時に付属した袋に入れてバッグに入れたりしていました。

しかし次第に「大事に使うこと≠丁寧に扱い、キレイな状態を保つこと」とある時から思い始め、
それからは無造作にバッグに入れて使っていました。

その結果、見ての通り無数の傷がついています。
いろんなモノが入っているバックパックの中で、いろんなモノとぶつかった結果だと思います。

でも、新品の姿よりも味が出ていてかっこいいと思う。

ミネルバボックスのエイジング状態

内側のミネルバボックスは飴色に変化しています。
購入時(下記写真)と比べると、その変化具合は一目瞭然。

Thumb DSC02928 1024

個人的に、ミネルバボックスの経年変化は凄く好き。
たった2年使っただけなのに、何年も使い込んでいるような雰囲気が出ていてとても格好良いと思います。

なお、ミネルバボックス部分のメンテナンスは馬毛ブラシによるブラッシングと乾拭きのみ。
クリーム等は一切使いませんでした。

小銭入れのファスナー部分も非常に丈夫で、一切壊れたりしませんでした。

今回財布に対する考えが変わって買い換えることにしたけれど、
このまま使い続けても実使用上不具合が出ることは当分ないと思います。

手入れは基本ブラッシング+馬毛ブラシ。たまにクリーム。

手入れについては、基本的には週1回程度馬毛ブラシでのブラッシングとクロスでの乾拭きを行っていました。

ただ、表面のブライドルレザーについては月1回程度、ブライドルレザー専用のクリームを塗っていました。

ブライドルレザーは使っていると、油分がなくなりかさついてくることがあります。
そんな場合はクリームを塗り、少し時間をおいて乾拭きしてあげると潤いや艶が戻ります。

Columbus ブリオ レザーコンディショニングクリーム 革用 皮革用ツヤ出しワックス Made in Japan" search="[コロンブス] Columbus ブリオ レザーコンディショニングクリーム 革用 皮革用ツヤ出しワックス Made in Japan"]

あくまで油分の補給として塗ってあげればいいと思うので、頻繁に塗る必要はないと思います。

2年間ありがとう。これからはマネークリップを使います。

冒頭で触れたとおり、今回同じGANZOのシンブライドルラインのマネークリップに買い換えることにしました。

購入した理由はここ2年でモバイルSuica等を中心としたスマホでの決済が多くなり、現金(特に小銭)を扱う機会が少なくなったこと。

また、収納があるので長財布にいろんなカードを入れて持ち歩いていましたが、結局使うカードは限られており、持ち歩くモノをシンプルにしたかった。

そして、いつも品切れのマネークリップがたまたま店舗を訪れた際に在庫があったため、購入を決意。

形は変わるけど、同じブランド、そして同じブライドルレザーのマネークリップ。

今まで長財布を大事に扱ってきたように、今度のマネークリップも大事に手入れして使っていきたいと思います。

-日常アイテム
-, ,

Copyright© Memogrep , 2018 All Rights Reserved.