6000円台で買える一生モノ。ずっと飽きがこないデザインの4色ボールペン「LAMY2000」

一生モノの○○って、どんなものを想像しますか?

カバンであったり腕時計であったり、あるいは靴であったりスーツであったり。良いモノを買って一生使うのって憧れますよね。

でも、主に金額的な面でちょっとハードルも高かったり。良いモノって素材とかデザインがしっかりしている分、良いお値段します。ちょっとやそっとじゃ買えないですよね。

今日はたった6000円台ながら、一生使える、それも多くの人が毎日のように手に触れるモノを紹介します。

LAMY2000という4色ボールペン

紹介するのはLAMYという筆記具メーカーが販売している4色ボールペンです。万年筆でも有名なメーカーですよね。

そのLAMYが1966年に発売した4色ボールペンがこのLAMY2000。もう50年以上も続くベストセラーなんですね。

ボディは樹脂とステンレスのコンビ。使い始めたばかりの時はマットな感触ですが、長く使うほどしっとりと、手に馴染んできます。
ブラック ✕ シルバーのツートンカラーが無垢でかっこいいんですよ。

この繋ぎ目のないデザイン。発売から50年経っている今でも非常に洗練されているよなぁと感じます。
実際はよくあるボールペンと同じように、ねじるとボディ上部と下部に分かれてか替芯の交換ができるんですが、普段は繋ぎ目があることをまったく意識させません。

この4色ボールペン、ノックは1つしかありません。では、どうやって4色を出し分けるのでしょう?

答えは、「傾ける」ことです。ノック付近にそれぞれの色の印がついており、出したい色を手前に向けてノックするだけ。いわゆる振り子式ボールペンと言われるものです。

アナログな仕組みなんですが、ペンを回したりノックするたびに聞こえる音がなんとなく心地良くて。機械式腕時計に近い感覚かもしれませんね。

ジェットストリームの替芯が使える

このLAMY2000、純正の替芯はちょっと粘り気があるような書き心地。ずっと書き心地が滑らかなジェットストリームを使っていた僕にとって、少し違和感がありました。

そんなLAMY2000ですが、実はジェットストリームの替芯が使えます。正確に言うと、ジェットストリームプライムというジェットストリームの高級ライン向けの替芯がジャストフィットします。

もう筆記具はこれしか使いたくない

この LAMY2000 を購入してから、仕事でもプライベートでも筆記具はこれしか使わなくなりました。

使えば使うほど手に馴染んで来て、触っていて気持ちいいんですよね。

良いモノを使っていると身が引き締まる思いがします。

形から入るタイプとは言いますが、普段使っている何気ない道具でも自分が本当に気に入っているモノだと仕事のモチベーションも上がりますね。

先日記事にしたGANZOのシステム手帳と合わせて、ずっと大事に使っていきたいなと思えるアイテムです。

普段頑張っている自分へのご褒美、恋人や家族へのプレゼントにもオススメです。