【レビュー】RoiCielのライトニング変換アダプタは余りがちなMicroUSBケーブルを有効活用できる神アイテム

iPhone/iPadユーザーなら必須のライトニングケーブル。家に置いておく用、モバイルバッテリーとともに毎日持ち歩く用、デスクに置いておく用。使ってる端末は一台でも、ライトニングケーブルは何本か所有している人も多いのではないでしょうか。

一方、ガジェットやPCの周辺機器など何かと付属してくるのがMicroUSBケーブル。一本あれば対応機種で使い回せるため、未使用のまま余ってるケーブルが気づけば何本もある…なんてことも。

私もそうだったのですが、ライトニングケーブルとMicroUSBケーブルの比率に困っている方も多いのではないでしょうか。ライトニングケーブルは1本しかないのに、MicroUSBケーブルは4本もある、みたいなね。筆者の独自調査によると、ガジェッターが所持するMicroUSBケーブルとライトニングケーブルの比率は、情報サービス業界における男性エンジニアと女性エンジニアの比率に酷似しているらしい。

今回紹介するのはそんな格差を解消してくれる素敵なアイテムです。

RoCiel Lightning 変換アダプタ

紹介するのはこちらのアイテム。使い方はいたって簡単。MicroUSBケーブルにジョイントすればライトニングケーブルに変換してくれるコネクタです。

プレミアムって書いているけどプレミアム感は皆無です。

使い方はコネクタを、余っているMicroUSBケーブルにこんな感じで・・・

ジョイントするだけ!

まぁありがちな商品なのですが、個人的にライトニングケーブルを別途購入するよりもいろいろとメリットがあると思っています。

絶対断線しない

当たり前なんですが、あくまでこいつはコネクタなんで「断線し得ない」です。ジョイントしているMicroUSBケーブルが断線したら、有り余っている別のケーブルに替えてあげれば良いだけ。合理的でしょ?

ケーブルを2種類持ち歩く必要がない

普段充電用に持ち歩くケーブル。iPhoneだけだったらいいけど、他に持ち歩いているカメラやWi-Fiルーターの充電のため、ライトニングケーブルとMicroUSBケーブルを併せて持ち歩いている人も多いと思います。

変換アダプタがあれば、ケーブル1本でiPhoneもカメラも充電できるので、ケーブルを何本も持ち歩くよりもストレスフリーです。

値段が安い

このアダプタ、Amazonで購入するとなんと690円(2017/2/17時点)
下手なライトニングケーブルを購入するよりも全然安いです。

充電だけでなく、データ転送も出来るので1つあると便利なアイテムです。