システムエンジニアの私がkindle unlimitedでまず選んだ10冊を紹介。技術書やタスク管理など。

先日Amazonからサービス開始が発表された、電子書籍の読み放題サービス「kindle unlimited」。月額980円で12万冊の本が読み放題というとんでもないサービス。
先日のAmazon Primeでkindle Paperwhiteを購入した私にとってもタイムリーなニュースでした。

IMG_3380

早速ラインナップをチェックしてみたところ、技術書やビジネス書など興味ある本が多数読み放題の対象となっていました。中でも、1冊2,300円したりする技術書が読み放題なのはアツい!
システムエンジニアとして3年ほど働いてる私は日ごろから技術書を紙でも電子書籍でも買って勉強したりするのですが、Kindle Unlimitedがあれば当分買わずに済みそう。

このKindle Unlimitedというサービス、端末に保存しておけるのは最大10冊までなのですが、あっという間に上限の10冊に達してしまいました。
そんな私が最初に選んだ10冊を紹介します。同じような若手技術者の参考になれば幸いです。

SQL ゼロからはじめるデータベース操作

ひよっこデータベース系SEとして、まずはデータベースに係わる本を選んでみました。
この著者のミックさん、SQL系の本をいくつか出しているのですが、内容がとても分かりやすくておススメです(会社の同期に以前借りて読みました)
内容的にも初歩的なところから解説しているので、データベースやSQLについて基礎を学びたい人にオススメ。

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

業務的に今は基盤的な仕事に係わらないのですが、エンジニアとしてインフラ的なことも最低限知っておきたかった自分にとってタイムリーな1冊。内容は流し読みした感じ、ちょっと難しめかも。

最速の仕事術はプログラマーが知っている

 

以前から気になってた本。常に効率化を目指すプログラマーの仕事ぶりについて。非エンジニアにもおすすめです。

「あるある」で学ぶ 忙しい人のためのExcel仕事術 (できるビジネスシリーズ)

システムエンジニアとExcelは切っても切れない関係。今後仲良くするために、Excel作業の効率化などが学べればと思いチョイス。

Excel VBA 誰でもできる「即席マクロ」でかんたん効率化Excel VBA 誰でもできる「即席マクロ」でかんたん効率化

Excel関係でもう1冊。業務の効率化を考えて、そろそろVBAの勉強もしようかなと思って選びました。

擬人化でまなぼ!ネットワークのしくみ

 

いわゆる萌え系にはあまり興味がないのですが、堅苦しい本よりは取っつきやすいかなと思いとりあえず選んでみました。

なぜ、システム開発は必ずモメるのか?

 

なぜシステム開発はもめることが多いのか、ストーリー仕立てで解説する1冊。新入社員など若手SE向けかも。

応用情報技術者 午前 一問一答問題集 2016年度版

 

今年の先こそ応用情報をちゃんと受けて合格したいところ。今年度の問題集まで読み放題ってすごくないですか?

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【Swift 2&Xcode 7対応】 (教科書シリーズ)

 

iPhoneアプリ開発の本も無料。いつかアプリ開発もやってみたい・・・。

残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜

 

SE兼ブロガーのぞえさんの著書。タスク管理について、分かりやすーい漫画で解説してます。サクッと読めるのでオススメ。

あっという間に上限の10冊。今あげた本だけでも定価で買っていれば2万円はかかっているはず。
最初の30日間は無料で試せるので、この機会にkindle unlimitedを試してみてはいかがでしょうか。

積読にならないようにちゃんと読もう。。