カスタマイズ出来る機械式腕時計が4万円代から。Knotの新シリーズが気になる。

INewImage.png

スマートウォッチもいいけど、機械式もロマンだよね。

 
 
ベルトとフェイスを選んで、【自分だけの1本】を作れることで人気の時計メーカーKnot。 これまではラインナップがクオーツ(電池式)だけだったのですが、ついに機械式(自動巻き)が登場すると聞き、調べてみたところデザインもかっこいい!
 
これは欲しいやと思ってしまったので、ちょっとまとめてみました。
早くもボーナスの使い道が1つ決まってしまいそうだ…。
 
 

”Knot”という時計メーカーについて

冒頭で書いた通り、Knotは”自分だけの一本”が作れる時計メーカー。
ベルトとフェイスが別売されており、それらを組み合わせることでなんと5000通り以上の組み合わせが可能。
 
NewImage
 
街中でもよくKnotの時計をしている人を見かけますが、これだけ組み合わせがあれば完全に被ることも少なそう。
 
実は私も半年ほど前、付き合っている彼女の誕生日にKnotの時計を贈ったのですが、
付け替えて楽しめるようにベルトを2種類買って贈ったらとても喜ばれました。
 
Evernote Camera Roll 20160606 230717
 
贈ったのは普段使いにカジュアルな革ベルトと、夏場やフォーマルな場で使いやすそうなメタルベルトの2種類。 ベルトの着脱も簡単で、その日の服装に合わせてよくベルトを交換して楽しんでいるようです。

4万円代で買える機械式時計!?

そんなKnotに機械式の新シリーズ、「AT-38」が登場しました。
 
注目はまず値段。オシャレで高品質なクォーツ時計を1万円代から(ベルトは別売)と安価に提供してきたKnotですが、
機械式時計もなんと45000円(税別)からと機械式にしてはかなり買いやすい値段設定となっています。
 
比較的購入しやすい価格の機械式腕時計といえば、オリエントやセイコー5などが有名なところですが、
それらと比べて明らかにかっこいいんですよね。
 
見た目がかっこいいっていうのはあくまで主観ですけどね。
個人的にはIWCのポートフィノみたいなシンプルでかっこいい印象を受けました。
 
NewImage
 
IWCは永遠の憧れ。比較的安いポートフィノの3針モデルでも40万円ほどします。。

カラーバリエーションは3色

 
NewImage
 
カラーはホワイト、ブラック、ネイビーの3色展開。
個人的にはネイビーが気になります。でも青針がアクセントになっているホワイトカラーも素敵。

まずはお店に行って実物を確かめてこようと思います。

かっこいいだけじゃない。値段の割に機能も優れてるよ。

見た目だけじゃなく、造りもしっかりしているようです。

風防はサファイアガラスに無反射コーティング。高級腕時計では定番ですがこの価格帯で実現しているのは素晴らしい。サファイアガラスは最近だとスマートフォンの画面に使われたりもしますが、傷が付きにくいのが特徴。

NewImage

また無反射コーティングによって光の反射を極力抑えて、まるでガラスがないような質感を実現します。

NewImage

ムーブメントはシチズン製のもの。1時間に28,800回のハイビートで細やかな秒針の動きを表現します。パワーリザーブも42時間と1日半以上外していても電池は切れません。そして便利なデイト表示も付いてます。

機械式腕時計の入門機として、スタンダードになるかも?

値段もお手頃で、もちろんベルトを付け替えて楽しめるKnotの機械式シリーズ。 今まで機械式は値段が高くてちょっと・・・と手を出せなかった方も手が出しやすいかも?
 
NewImage
 
僕も今回のシリーズは気になるので、また吉祥寺にあるお店に見に行ってみようと思います!
実物見てカッコよかったら買っちゃいそうだなぁ・・・。

商品の公式サイトはこちらから。