【DIY】ネットで天板をオーダーして、自分の部屋にぴったりのデスクを作ってみた。

自分仕様だからめっちゃ使いやすいし、愛着湧くよね。

一人暮らしを始めた数年前に購入した、 IKEAのデスク。
買った当初は良かったものの、使い出すと不満になってくるのがサイズ感。

「ScanSnapとかPCとか置いとくことを考えると、横幅はもっと広い方がいいなぁ・・・」
「奥行きってこんなにいらなかったなぁ。。部屋も狭くなるし、もっと短くて良かったかも。。」

なーんてずっと思ってました。今度引っ越すタイミングで部屋と用途にぴったりのデスクを買うんだと。

そして以前の記事に書いた通り、先日清澄白河駅近くのマンションに引っ越し。
さぁ時は来た。今度こそ自分にぴったりの使いやすいデスクを探すのだ・・・!

ってことでIKEAに行ったりニトリに行ったりその他家具屋さんをいろいろ見てみるも、これって感じのモノが見つからないんですよね。

「これは少しだけ長さが足りない・・・けどもう一つ大きいサイズだと大きすぎるよな・・・」
「これはサイズ感はちょうどいいんだけど、色が部屋とマッチしないなぁ・・・」

とか考えてるうちに、一つの結論に辿り着きました。

「大量生産されている既製品で自分の用途にぴったりなデスクに出会う機会なんて、メタルキングに遭遇するより可能性が低いのかもしれない・・・。
これはもはやオーダーメイドで作っちゃえばいいんじゃないだろうか・・・!」

考えてみれば当然のことです。
とは言ったものの、完全に机をオーダーメイドで作ってもらうと、とんでもない金額になるのは目に見えているので、
今回は天板を安くオーダーできるお店で買って、机の脚は別で購入して机を自作してみました。

天板をオーダーしたのは、こちらのお店

今回天板をオーダーしたのは、様々な木材を扱っているマルトクショップさん。
様々な種類の木材を細かいオーダーで注文できるお店です。お値段もお手ごろ。

スクリーンショット 2016 04 24 0 19 03

ちなみに、こちらのHPの加工例には購入した木材を使っていろんなものをDIYした全国の強者たちの力作が載っています。
これ面白くてついつい見入っちゃう。。。

オーダーは簡単。素材を選んでサイズなどを入力するだけ!

スクリーンショット 2016 04 24 0 36 02

オーダーの仕方は簡単。こちらのページから木材の種類を選んで、あとはサイズなどを入力していくだけ。
僕は今回、木目がはっきりと出て存在感がありつつ、強度もあって天板としてよく使われる”タモ材”を選びました。

また今回は一緒に住む相方と並んで使えるよう横幅が長めで、かつ部屋の面積を圧迫しないよう奥行きは長すぎないサイズで頼むことに。
いろいろ置くものをシミュレーションした結果、450mm×2000mmでオーダーしてみることに。
こんなサイズの机、既製品ではまず見つかりません。

サイズ以外にも、いろいろ注文できちゃうんです。

スクリーンショット 2016 04 24 0 42 53

こちらのお店、サイズ以外にも細かい点でいろいろオーダーできちゃうんです。

例えば、机の角が角ばらないようラウンド加工ができたり、塗装の仕上げを選べたり。
作るものによっては、オーダーの段階で斜めカットや穴あけまで出来ちゃいます。これはお手軽。

僕は今回、4隅のラウンド加工ウレタンクリア塗装仕上げでオーダー。
塗装は自分でやってみてもいいかなぁと思ったのですが、失敗したくなかったのと案外料金も安かったのでプロの手に任せることに。

ってことでオーダーしたデスク。お値段は21,260円でした。
自分の理想的なサイズの天板が加工費込みでこの値段なら、個人的にはメチャ安いと思います。

待つこと約2週間・・・ついに届いたぜ・・・!

ついに届いた天板。ダンボールで厳重に梱包された包みを解くと、そこには美しいタモ材の板が・・・!

Thumb DSC02410 1024

やっぱ2メートルあると存在感が凄い。これ玄関から持ってくるだけでめっちゃ重かった。配送会社の人ありがとう。

Thumb DSC02407 1024 

イメージ通りの素材感。部屋の雰囲気にもマッチしそうです。
前述の通りウレタンクリアで加工したため、表面もサラサラにコーティングされてて気持ちいい。思わず頬ずりしたくなります。

Thumb DSC02408 1024

角のラウンド加工もとても丁寧。これも安価な追加料金で頼めますので机の天板を作るなら絶対お勧め!

机の脚はIKEAのLERBERG

机の脚はこちらの記事で紹介されていた、IKEAのLERBERGという製品を購入しました。

スクリーンショット 2016 04 24 11 09 23
こいつを今回は2つ購入し、デスクの脚として使ってあげます。

Thumb DSC02406 1024

最初ちょっと組み立て方を間違えましたが、普通にやれば1つ10分くらい で組み立てられます。
組み立て用の六角レンチも付属しているので、特に工具を準備する必要もなしのお手軽仕様。

Amazonでも販売されているようです。

天板と脚をドッキング!

作ったIKEAの鉄脚に、天板を乗せてあげます。
今回はただ乗せるだけだと安定性がやや不安かなと思ったので、強力粘着テープで固定してあげることにしました。

Thumb DSC02411 1024

鉄脚側に両面を貼り付けてあげます。
天板側の接着面には跡が残らないように、養生テープを貼りました(写真撮り忘れた)

Thumb DSC02413 1024

天板を乗せてあげたところ。この大きさはやっぱり圧倒的・・・!
ちなみに今回は天板の下に椅子2つと引き出し1つを置いてあげることを想定しているため、
鉄脚が外側に出るような向きで設置してあげました(IKEAのサイトを見る限り本来は逆みたい)

電源エリアを確保!

デスクの上にはPCやScansnap、デスクライトなど色々と電子機器を設置するので、電源の確保が必要。
とはいったものの、床がコードで散らかるのは避けたいので、天板の裏側に電源タップをセットすることに。
これもこちらの記事を参考にしました。

Thumb DSC02475 1024

購入したのはサンワサプライの電原タップ。9口もある割に安かったので購入しました。

Thumb DSC02476 1024

こいつも協力粘着テープで貼り付けます。(微妙に最後までテープが足りなかった・・・)
天板側にはテープで養生してあげるのを忘れずに。

Thumb DSC02575 1024

設置していろいろ電源コードをセット。9口もあるので余裕があります。

理想デスクの完成じゃい!

ってことで完成したデスクがこちら!

Thumb DSC02578 1024

シミュレーションしてサイズをオーダーして天板を買った甲斐あって、サイズ感は理想通り!
ディスプレイ置いたりスキャナ置いても、二人で作業できるスペースが十分に確保されています。
タモ材の優しい雰囲気も部屋にマッチしていてお気に入り。

こんな理想的なデスク、トータル2万5000円程で出来ました。
今回購入した天板は加工する必要もなかったので、作業も脚を組み立てて乗せるくらいと超お手軽。

既製品で理想のデスクに出会えないと悩んでいる方、作っちゃうのがオススメです。

DIYに興味がある方はこちらの記事もオススメです。

【キッチンDIY】有孔ボードを使った簡単DIYで、キッチンスペースが「飾れる収納」へ。

2017.02.19

【賃貸DIY】飾れる壁にもなって楽しい。”1Kのデカ部屋”に有孔ボードを設置して部屋を分けてみました。

2016.07.18