これさえあれば、どこでも執筆できる。iPad Pro 9.7用純正Smart Keyboardを購入したのでレビュー!

先日記事を書いた通り、iPad Pro 9.7インチを購入しました。

iPad Proといえば、Apple PencilやSmart keyboardなどの、”Pro専用アクセサリー”が使用できるのが最大の特徴。
Apple Pencilの方は本体を購入した際に同時にゲット出来ましたが、Smart Keyboardについては購入したヨドバシカメラには在庫がなく、ネットで探すもなかなか見つからない日々が続いていたのですが、先日ひょんなことから新品同様品を知人に譲ってもらえることに!
早速使ってみましたので、レビューしてみます。

Thumb DSC02378 1024

外観はちょっと分厚いSmart Cover

Thumb DSC02380 1024
 
さっそく外観を確認。見た目はちょっと厚みのあるSmart Coverといった感じ。
カラーはグレーの1色のみ。Smart Coverと同じくいろんな色を展開してくれればいいのに。
私が購入したシルバーのモデルはともかく、今回新色のピンクとグレーのカバーがマッチするかどうかは疑問(実物を見ていないのでなんとも言えませんが。。)
 
Thumb IMG 0168 1024
Smart Coverと同じく、ディスプレイと触れる面はマイクロファイバーになっています。
 
Thumb DSC02385 1024
iPad とはマグネットで接続します。ガッチリくっつくので、外そうと引っ張らない限り取れることはなさそうです。

 
Thumb DSC02390 1024
キーボード部をMacbook 12インチと比較。キーはMacbookよりもやや小さいです。フルサイズのキーボードに慣れていると、最初は戸惑うかも。

気になる打鍵感は・・・?うーん、悪くはない。

Thumb DSC02388 1024

先ほどの写真で比較した通り、キーボードはMacに比べるとちょっと小さいです。

でも、実際にタイピングしてみると、意外に使いやすいかも・・・っていうのが感想。
私が男の割に比較的手が小さい方であることもあるのかもしれませんが。
 
あと思ってたよりキーのクリック感があります。僕はMacbookの、あの良い意味でクリック感がないペチペチした感じが好きなので、この点はMacbookの方が好きかも。

気になるのは打鍵感より、”キー配列”

Thumb IMG 0172 1024
 
私は普段MacもWindowsもJIS配列のキーボードを使っているので、US配列であるSmart Keyboardのタイピングには慣れが必要なようです。
JIS配列に比べてEnterキーが小さいので、上下のキーをミスタイプしてしまったり、記号の場所がJISと違ったりするので、ついつい目で探してしまうことも。 
 
まぁiPadでコーディングしたりすることはないだろうし、日本語の文書作成くらいならEnterキーの大きさくらいしか困らないかもしれないです。

なんといってもこの機動力は素晴らしい。

Thumb DSC02387 1024
 
約440gのiPadに対して、Smart Keyboardは230g。装着すると670g程になり、体感でも結構重くなります。
とはいっても、これでちょっと出かける時にMacbookを持ち歩かなくてもよくなると考えれば、カバンの中身はぐっと軽くなります。
 
Smart Keyboardは重くて敬遠する方も、Smart Cover等のアクセサリーは装着する方も多いのではないでしょうか。
Apple純正のSmart Coverは約100g。そう考えると、プラス130g程で快適な文字入力が手に入ると考えれば、選択肢として結構アリかと思います。
外したい時はすぐに外せるので、持ち歩く時はカバーとして、文字入力する際はキーボードとして、そして電車で電子書籍を読むときなどはカバーを外してあげれば片手で持っていても疲れません。

自分の用途としてはがっつりブログを書いたりするときはMacを、出先でちょっとブログの下書きや読書メモを書いたりする時はiPad + Smart Coverっていう切り分けでしばらく運用してみようかと思います。
また使ってみて見えてきたことがあれば別途記事にしてみようかと思います。