「これさえあれば、何もいらない?」iPad Pro 9.7インチモデルとApple Pencilを購入しました。

iPadProIMG_0164.JPG

先月発売されたiPad Proの9.7モデルを購入しました。

以前iPad Pro 12.9インチが発売された際、店頭で試したApple Pencilの使い心地にとても感動しました。
今までタブレット用にいくつかスタイラスを試したものの、レスポンスなどどうしても紙には追いつけず、使用に耐えないレベルだったのですが、iPad ProとApple Pencilの組み合わせはまるで本当の紙とペンのよう。
以前から勉強道具をタブレットに一本化したかった私にとって、iPad Proの登場は待ちに待った存在。

でも、そんなiPad Proの唯一のネックは最大の特徴ともいえるその大きさ。
ある時は読書端末として、ある時はちょっと調べ物をするブラウザとして、そして勉強道具として常に持ち歩いて使いたい私にとって、12.9インチは大きすぎました。
iPad Airの大きさでApple Pencilが使える端末が現れたらなぁ。。なんて思っていたら、意外と早くラインナップに登場しました。

前置きが長くなりましたが、私にとって待望の9.7インチのiPad Pro。勿論早速購入しました。


見た目はiPad Air2と一緒。この薄さ、この軽さは正義。

IMG 0164

外観はiPad Air2とほぼ同じようです。437g(Wi-Fiモデル)の軽さは圧倒的。数年前iPad2が発売されて、初代iPadからのサイズダウンに感動した記憶がありますが、そのiPad2が601g(Wi-Fiモデル)。技術の進歩は凄いですね。(その後発売された「新しいiPad」はRetinaディスプレイに対応したものの、iPad2よりぐっと重くなりガッカリした記憶があります)

Apple Pencilは魔法のペン。

IMG 0165

Apple Pencilは本当に素晴らしいです。これまでのどんなスタイラスとは完全に別物。字を書いても絵を描いてもストレスフリー。まぁ私は絵心がなく、字を書いたりせいぜい図を書くくらいですが、絵を描くのが好きな相方はお絵描きアプリでずっと楽しそうに遊んでいました。

 

IMG 0162

作品名:「自転車と草」

Split View機能が秀逸。

これはiPad Proだけでなく、最新モデルのiPad AirやiPad miniでも使えるみたいですが、Split Viewというスクリーンを分割して二つのアプリを同時に動かせる機能がすごくいいです。対応してるアプリが限られているのが難点ですが、ブラウザで調べ物をしながらブログを書いたり出来ちゃいます。まぁPCでやれよって話もありますが、やっぱりこの大きさ、軽さでできちゃうのが良いんです。
個人的には、Kindleアプリが是非Split Viewに対応して欲しいところ。こいつが対応してくれれば、本を読みながら読書メモを残せて個人的には最高!なのですが・・・。

IMG 0161

Smart Keyboradは品薄みたい。。

MM2L2 GEO JP
iPad Pro専用の、Smart Keyboard。こいつは普段は画面を保護するカバーとして、そして専用の入力デバイスとして。iPad Proを常に持ち運んで、インプットにもアウトプットにもガシガシ使いたい私は、勿論本体やApple Pencilと同時に購入・・・したかったのですが、購入したヨドバシカメラでは生憎在庫なし。。ネットで探してはいるものの、今のところ購入できておらず。。気長に探してみようと思います。

「これさえあれば、何もいらない?」

 

ScreenShot2015 11 12

なーんてSurfaceのCMのコピーがありましたが、「用途によれば」iPad ProとApple PencilやSmart Keyboardの組み合わせがあれば、一通りの作業は出来そうです。私はよく出かける際に、インプットとして主にKindle本や自炊したPDFを閲覧するためにタブレットを、インプットした情報をアウトプットするためにMacbookやノートを持ち歩いています。iPad ProにSmart Keyboardを装着すると650gを超えてしまいますが、今まで持ち歩いていたMacbookやノートを持ち歩く必要がなくなると考えると、日頃の荷物はぐっと減量しフットワークも軽くなりそうです。勿論OSはiOSなのでPCで使っているソフトが使えない人は厳しいかもしれません。私は最近愛用しているマークダウンエディタ、UlyssesのiPadアプリが使いやすいため、UlyssesとKindle、あとsafariがあればやりたいことの9割が出来ちゃうので、当分はこの組み合わせでいいかなーって思ってます。そのためには早くSmart Keyboardを手にしたいですね。。