12インチMacbookにオススメ。充電機能付きUSB-Cハブを買ってみました。

pic181ZCSjPmnxL._SL1500_.jpg

去年発売と同時に購入して以来、12インチMacbookがずっとお気に入りな@memogrepです。

とにかく軽いし、そんな重い作業をしなければ動きもサクサクだし、 Retinaディスプレイの画面も綺麗。 そんなMacbookの唯一の欠点、それは外部機器との接続ポートがUSB-C一つだけなこと。

もちろん外部ポートを削ることであの薄さを実現している訳で、これはこれで理想形だとは思うのですが実使用上不便なのもまた事実。 いくらクラウドの時代といえど、外部接続するインターフェースは持っておきたいところ。

私が購入した発売時はまだサードパーティ製のアクセサリーも出てなく選択肢としてあったのは、 完全にボッタクリ価格のMultiportアダプタか、ややボッタクリ価格のUSB-C-USBアダプタのみ。

Macbook本体価格だけでいっぱいいっぱいだったのんで、泣く泣くUSB-C-USBアダプタを購入しました。 しかし、使えば使うほど不満は出てきます。

「電源が使えるカフェで、MacとiPhoneを同時に充電したい」 「充電しつつデジカメの写真を撮り込みたい。ついでに外付けHDDにも繋ぎたい」 などなど。特にバッテリーが僅かになるとまずは充電しないと話にならないので、他のデバイスと繋げられなくなるのが致命的。

いい加減この状況が不便で仕方ないので、monographさんで紹介されていたUSB Type-C用ハブを買おうか迷っていましたが、 マイクロソリューションという会社から新製品が発売されていたので、どうせなら人柱になってみようと購入してみました。


USB-Cケーブルで充電しながら、USBポートを3つ増やせる!

81ZCSjPmnxL SL1500

この製品の特徴は、USB-Cで給電しながらUSBポートを3つ増やせること。 これでMacを充電しながらiPhoneも充電し、さらにデジカメの写真を撮り込みつつ外付けHDDに保存するなんてことも可能になる訳です。 今まで使ってたPCだと当たり前に出来たのことですが、あの薄いMacで同じことが実現出来るとなるともはや鬼に金棒状態。 また、USBポートはUSB3.0に対応しているため、伝送速度も高速です。 (もちろん、接続デバイスがUSB3.0対応であることが前提です)

ってことで、買ってみました。

発売されたばかりの商品で特にレビュー記事もなくやや不安はありましたが、ブログのネタにもなりそうだしポチってみました。 Amazonで買ったのですが、こんなパッケージで届きました。

DSC01484

サクッと開封して、中身を確認。 本体以外の付属品は、商品紹介のペラペラ紙が1枚入っているのみ。

DSC01487

本体はこんな感じ。特に高級感はなく普通のハブって感じ。色はマットなブラックです。

DSC01494

実際に繋いでみました。純正のアダプタとケーブルからハブに給電し、 USBポートからは手持ちのガジェットをとりあえず充電してみました。 写真左から、iPhone6s Plus、以前紹介したJawboneUP3、WiMAXのルーター。

3デバイスとも同時にしっかり充電され、iPhoneはMacとの同期も問題なく出来ました。 この写真を取り込むため、またデジカメも繋いでも見ましたがこちらの取り込みも問題なし。 もちろん、Macbook本体のバッテリーもちゃんと充電されています。

耐久性についてはこれから使い続けないとなんとも言えませんが、 Macbookを充電しながら複数デバイスを持ち歩きたい!というニーズは完全に満たしてくれる商品です。

12インチMacbookを使っているけど拡張性に不満…という方にはオススメのガジェットです。